top of page

妊婦さんの 身体にも優しくて、サイズも気にならない衣料を

妊婦さんにも、ぜひ使って欲しい。

ゴムなどは一切使用せず、生地の収縮力と“面”でフィット。



マタニティウェアは、お腹が大きくなり始めてからだけのものではありません。

つわりが出始める時期や一時的に体調が優れないときなど、体の変化に合わせて利用するととても楽になりますよ。

特にサイズ調節ができる機能がついていたり、授乳に便利な工夫があったりなど、妊娠初期から産後まで長く使えるものがあると便利ですね。


特に、つわりの時期はちょっとした締めつけでも吐き気が出たりするので、ゆったりしたものがおすすめです。

妊娠するとお腹や胸、腰まわりなどが思った以上にサイズアップするので、それまでの服では窮屈になってしまいがち。


「キレルネ★」「ハケルネ♪」なら、身体を締め付けるゴムなどは一切使用していません。

無理をして着ていると体を締めつけてしまい、気分が悪くなりやすいだけでなく、お腹の赤ちゃんも圧迫してしまう危険性があるそうですから服選びには充分に気をつけたいものです。


他にも妊娠中には充分に気をつけたい“冷え”対策や、脱ぎ着しやすいもの、また敏感肌の方にも優しいホールガーメントⓇを採用しています。

縫製など、妊婦さんの体のことを考えた工夫がされているものを選ぶことが大切ですね。




超撥水・撥油加工を施しているので、

血液の汚れや、ミルクをこぼしたりしてもサッと一拭き。


超撥水機能が付いているので血液汚れや母乳がこぼれた場合、赤ちゃんがもどしたりした時も、さっと拭き取れて便利です。

また、洗濯機やタンブラー乾燥にも強く、アイロンなどの熱で撥水・撥油機能は元に戻るので、何度洗濯しても効果は失われません。

丈夫な生地は厚手ですが、通気性や透湿性があり、季節を問わず快適に着用いただけます。冷房や暖房が苦手な方には特にもおすすめで、一年を通じて重宝いただけると思います。

心も体も敏感になりがちな時期だからこそ、お腹の赤ちゃんの健やかな成長をお手伝いできる衣料は大切なものだと考えます。





『FUN AGE』に出会えて良かった!

皆さまからの嬉しいお声をご紹介


自分の母親にも着せたかった。 今は、自分が来てみたい服に。

多田社長からこの服のお話を伺ったときに、まず浮かんだのは、自分の母親のことでした。 歳を重ねると自分で着たい服も着れず、周りでお世話する人が決めていたのを思い出すと、随分寂しい思いをさせたかなと思います。 自分はまだそこまでの年齢じゃないと思いながら、気楽に着れるこの服は、他の人にもぜひおすすめしたいと思いました。


自分が楽しくなることって、 本当に大切ですよね!

施設に服を持ってきてくれたので、自分では選ばない色を選んでみました。 施設では少し暗めの色の服ばかりでしたが、明るい色の服は気持ちも明るくなりますね。 施設の皆さんと身体を動かすにもちょうど良いみたいです。 コルセットをしていても脱ぎ着しやすいので重宝します。




ナースあいでは、現役の訪問看護師が、

医療・看護・介護の現場と開発フィールドを往き来して、

「本当に現場で使える製品」開発をおこなっています。


本当に現場が求めるものは何か。

まずは現状の問題点の洗い出し、正確な解剖、皮膚の硬さ、血管の位置や弾力、逆血のリアルさ、見えないところ・注意点の可視化、耐久性、使用される現場の現状、最新の医療情報等々細部にわたりこだわって開発しています。

それぞれの専門家の先生方と、医療・看護・介護の現場の最前線で取り組む方々、素材・製造業の皆様と意義の共有をしながら何度も何度も試作を繰り返し、しっかり向き合い創りあげています。


介護の現場では、手作りの「アイデア品」により問題の改善に繋がることがあります。しかしながら、単なる“思いつきの品”だけでは本当に“現場で役立つ器具”として広める訳にはいきません。 多分野でご活躍される大学の先生方との協同研究によりデータを構築し、再現性を確認・分析することで、エビデンスの確かな製品づくりをおこなっています。



閲覧数:5回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page